塩出 絵美N-BRAND | N-BRAND

塩出 絵美

Shiode Emi

生年月日:1978/3/14

趣味:お酒を楽しく飲むこと。飲みながらの料理。

有資格:二級建築士

建築家塩出絵美

K様邸外観

MESSAGE

ひとりひとりが違うように、家も同じではない。
同じ建築でも、見る人、住む人、使う人によって感じ方が違う。
建築と人は関係が深い。
その中で、建築がもっとその人にあった生活に溶け込めるよう追求している。

PROFILE

専門学校卒業後、地元の工務店勤務で10年間設計業務にあたる
その後アトリエ系設計事務所の建築士として活躍し、独立
2016年ライフステージ入社

 

PERSONALITY

〝何度でも食べたくなる料理〟のような邸宅デザイン

何度も作って、味見をする。
喜ぶ顔を想像しながらその繰り返しを楽しむ。

―N-BRANDの設計は、お客様の家づくりに対する想いをヒアリングして、その想いをカタチにしていくこと。
塩出さんが心がけていることとは?

塩出:お客様の想いをとことん聞くことは一番大切だと思っています。
その上で建築としては、土地風土や環境に適合する設計にするということを考えます。
お客様が開放感を望まれても、その土地が道路に面しているなら中庭を提案するとか、
変形地なら土地の形状に逆らわないという提案は結構たくさんしていますよ。

―建築家ならではの目線で、お客様にご提案をする。では、他の建築家とは違う「建築家 塩出絵美」として強みがあるとすればどんな部分なのか聞いてみた。

塩出:ありきたりかもしれませんが、女性目線の動線を意識した提案ができることだと思っています。
住宅は実際に生活を行う場所なので、デザインや機能美よりも、
使いやすさやフレキシブルな空間であることの方が重要ではないかと思うんです。
デザインを尊重するあまり生活苦を感じる住まいにはしたくないんですよ(笑)

―実際、塩出さんの建築は、家事動線が意識されていることを強く感じる。
けれど、それだけではなく、お客様の好みのテイストもきちんと反映されているのが塩出さんの設計だ。

塩出:お客様の頭の中って結構バラバラで、口でカッコいい家にしたいと言いながら、
持ってくる雑誌の切り抜きは北欧系だったりすることもあるんです。
でも、お客様との会話の端々や、暮らし方みたいなことを聞いてみると、
そこに好みのテイストが具体的に感じられますよね。デザインでお客様の生活が満たされると思ったら、
積極的に取り入れたいと意識していますよ。

―実際、お客様から「塩出さんと話をしていると住みたい家のイメージが固まっていった」
という意見をいただくことが多いという。ところで、塩出さんのプライベートが気になった。
そこに建築のヒントがあったりするのだろうか?

塩出:旅行が好きですが、普段は近場の温泉に行くことが多いです。あとは料理が好きですね。
お気に入りの道具を使うとか、地元の食材や旬の素材を手に入れたとか、下ごしらえから調理までの手順とか、
料理が好きな理由はいろいろあります。
でも、料理をしてる時に考えてることって、この料理を食べた人がどんなふうに喜んでくれるかなぁ、
喜ばせたいなぁって…そんなことなんですよね。
休日はどこにも出かけずに、ずっと料理をしていることもありますよ。ワイン片手にですけど(笑)

 

料理写真

■得意料理は「ワインに合う料理」。スタッフを自宅に招いて手料理をふるまうことも多く、招かれたスタッフによると「何品も同時進行で調理が進み、テーブルの上はいつもカラフルな料理が湯気をあげていた」そう。■いま欲しい調理器具はSTAUBの鍋。画像はhttps://www.staub-online.com/jp/ja/home.htmlより

女性目線も一つの武器。
でもあえて印象は気にしない。

―塩出さんの第一印象は、「カッコいい女性建築家」というイメージ。
でも話してみると印象と違い、女性らしさを感じる。
かといってそれを押し売りする訳でもないのが、塩出さんらしさである。

塩出:私自身は20代の頃から建築家として生きてきました。
店舗設計を手掛けたり、アトリエ建築事務所に在籍したりと、仕事での多彩な経験は、もちろん今役立っていると思います。
それと同じくらい、プライベートで結婚、出産、子育てを経験したことも、今、活かせていると思いますよ。
店舗設計で実際に触れた豊富なマテリアルや、アトリエ建築事務所での先鋭的な建築デザイン、
それに実生活の具体的なイメージ、どんなこともミックスされる可能性が建築にはありますから。

私が目指しているのは、誰も見たことがない、研ぎ澄まされた建築で、同業者たちに賞賛されることではないんです。
私は様々な建築の可能性を、暮らしや生活を豊かにするものとして取り入れて、お客様に喜んでもらいたい。
お客様に寄り添って作る住宅の仕事は本当にやりがいがあります。
ヒアリングを重ねて、お客様の想いや人生設計を知っていくと、建築のイメージもどんどん広がっていく。
住宅って何年間も住み続ける間に、お客様の生活環境やライフスタイルも変わるじゃないですか。
それらを想像しながら、何年経っても住み心地の良い家を設計するのが醍醐味ですね。
何年か後にお客様に会った時に、住み始めた時より住み心地が良いと喜んでもらえたら、一番嬉しいかな。

―料理にはおいしさを叶えるレシピや、調味料の黄金率がある。
塩出さんのデザインする住宅は、料理でたとえるなら、ピリッとスパイスの効いたクセになる味ではなく、
素材を活かしたまろやかでコクのある深い味わいのようだと、その建築を見ていると感じる。

何度食べても食べ飽きない、気に入ったレストランの味のように、住み手の人生になじんでいく家。
そこには塩出さんだけが知る黄金率が配合されているのだろう

あなたはどんなマイホームを思い描きますか?

N-BRANDは建築家の建てたい建築でもない、オーナーだけのライフスタイル&建築のコンセプトに合わせた「上質・感動・創造」の家づくり。
建築家と造る家づくりは、想像を超えた上質な空間と暮らしを実現します。性能とデザインが織りなす極みにより、住む人の心を最大限に豊かにする感動をご提案します。

 お問い合わせ
24時間受付
  0120-00-9952
[営業時間]9:00〜18:00 定休日:水曜

あなたはどんなマイホームを思い描きますか?

N-BRANDは建築家の建てたい建築でもない、オーナーだけのライフスタイル&建築のコンセプトに合わせた「上質・感動・創造」の家づくり。
建築家と造る家づくりは、想像を超えた上質な空間と暮らしを実現します。性能とデザインが織りなす極みにより、住む人の心を最大限に豊かにする感動をご提案します。

 お問い合わせ
24時間受付
 0120-00-9952
[営業時間]9:00〜18:00 定休日:水

PAGE TOP