昭和を感じさせる近未来建物~ラジアル工法~ | N-BRAND

昭和を感じさせる近未来建物~ラジアル工法~

こんにちは、N-BRAND(エヌ・ブランド)建築家の塩出です。

今回は田畑のあるのどかな住宅地に建つレトロモダンなOFFICEをご紹介したいと思います。

◆テーマは「昭和の子ども達が思い描く近未来の建物」

写真でご覧いただいているのは、包丁工房「IRONCLAD」様。

ひときわ目を引くこの建物には、薄い鋼の板である折板を、R形状に加工する「ラジアル工法」を採用しました。素材、工法ともに、工場などによく使用されているものです。

お施主さまのイメージは、「昭和の子ども達が思い描く近未来の建物」。インダストリアルな外観は、レトロな近未来を感じさせるデザインとなっています。

◆意匠性とお客さまのイメージがひとつに

ラジアル工法での建築は、屋根と建物がスッキリと一体型になることや、店舗デザインとして目を引く効果がある一方、内部環境が快適であるとは言えないことが課題でした。

そこでこちらの建物では、外壁にラジアル加工を施した折板を使用し、内部を木造の建物にすることで快適さを実現。

デザインと居住性のどちらもが、お施主さまのイメージにフィットする建物が実現しました。

N-BRANDでは、広い視野で素材の可能性を探り、お客さまのご要望を叶える設計をしています。

関連記事

PAGE TOP