【3つの庭を持つ家 〜心地よい住まいのためのパッシブデザイン〜】 | N-BRAND

【3つの庭を持つ家 〜心地よい住まいのためのパッシブデザイン〜】

こんにちは、N-BRAND(エヌブランド)建築家の名越です。

 

N-BRANDでは、太陽光や風を活用した省エネルギー住宅でもあるパッシブデザインのご提案をしています。

特に庭は、住まう人の目的に合った環境を整える上でも、風の抜け道を考慮する上でも、重要な役割を持っています。

先日、完成鑑賞会を行なった「3つの庭を持つ家」はその顕著な例です。

元々、交通量の多い道路に接していたことや、隣接して南にご実家の建物があるため、採光の必要があったY様邸。

・南東に設け朝日を取り込み、庭の延長線上に川沿いの借景を望む「光庭」

・交通量の多い西側道路からのプライバシーを守る「坪庭」

・建物の中心に設け、内と外を流動的に繋ぐ「中庭」

3つの庭を作ることで、多方向から風と光を取り込むと同時に、プライバシーや借景にまで配慮した空間を整えました。

また「光庭」の借景が望めるリビング、優雅な「坪庭」に接する和室の間に二枚引き戸を設けることで、開放時はリビングが広々とした一体空間に。

中庭のサッシを全開すると、ダイニングが屋外へと広がるため、気候の良い時は、「中庭」で食事を楽しめるようにもなっています。

季節を楽しめる庭のある住まいは、心豊かな暮らしをもたらします。

特に新築の戸建においては、住まいの動線だけでなく、近隣の建物や騒音環境を考慮した居心地の良い間取り計画をおすすめ致します。

 

イベント・見学会一覧はコチラ

https://www.nbrand.jp/event/

関連記事

PAGE TOP