節税効果も? 店舗付き住宅を設計する上で、押さえておくべき点は? | N-BRAND

節税効果も? 店舗付き住宅を設計する上で、押さえておくべき点は?

こんにちは、N-BRAND(エヌブランド)の塩出です。

 

N-BRANDは特別なこだわりを持った方のための建築家集団です。

その上質な空間づくりの精神にご支持をいただき、これまで住宅のみならず、店舗デザインも多く手掛けてまいりました。

 

近年はそのノウハウを活かし、店舗付き住宅のご提案をする機会が増えています。

今回は建築家の観点から、店舗付き住宅を設計する上でのメリットやデメリット、失敗しないためのコツについてお伝えしたいと思います。

 

金銭的なメリットが多い店舗付き住宅

店舗付き住宅を検討されている方で多いのが「家賃がもったいないから」という理由です。しかし、メリットはそれだけではありません。

  • 店舗部分を貸すことで家賃収入を得られる
  • 低金利の住宅ローンを活用することができる
  • 建築費用の一部を経費として減価償却ができる
  • 固定資産税、都市計画税など税率軽減も
  • 相続対策にも有効

例えば、住居部分の面積が建物全体の2分の1以上の場合、店舗部分にも「フラット35」などの住宅ローンを活用できる場合があります。

住宅ローンは通常の事業資金融資よりも低金利のため、適用ができれば、負担金を少なくすることができます。

 

 

さらに店舗に相当する建築費は、経費として減価償却費用として計上できるため、節税することが可能です。また相続する土地に店舗付き住宅が建っている場合、特例措置が適用され、相続税対策にもなります。

もともとご商売をされている方は、これらのことをご存知の方も多いことでしょう。これから開業を始めようと思われている方は、そのメリットについて、改めて、押さえておくと良いかもしれません。

店舗付き住宅を建てる上で、失敗しないためには?

 

メリットばかりに目が向きがちですが、もちろん、デメリットもあります。

店舗付き住宅は通常の住宅よりも設備投資や内装などが割高になるため、失敗した時のリスクが大きいのは、最大のデメリットでしょう。

その場所で長く経営をされるのであれば、投資した分のメリットがあるかもしれませんが、店が急に繁盛して移転拡張を迫られたり、経営不振で辞めることになった場合、賃貸にするとしても、売却するにしても、次の借り手や買い手が見つかりにくいというリスクがあります。

 

 

そこで正しい見極めが必要なのが、土地探しです。

  • 展開事業に合った適正な土地であること
  • 駐車場が広い
  • 交通の便が良い、県道など幹線道路に面している

業種にもよりますが、利便性が高く集客力が見込める立地であれば、事業も上手くいきやすいでしょう。例え事業形態が変わっても、資産価値が高いため、売却先や借り手を見つけるのに苦労することもないはずです。

このほか、用途地域によっては、店舗付き住宅を建てる際の制限があり、広さや高さに規制がかかる場合もあります。

このように店舗付き住宅では、金銭面のメリットも大きいですが、その分リスクも高いということを認識すべきです。失敗を避けるためにも、設計のことだけでなく、土地や事業のことまで相談ができる、ノウハウを持った業者に依頼することを推奨します。

 

建築家と創るN-BRANDが提案するワンランク上の店舗付き住宅

 

N-BRANDでは、最初の相談から建築家が立ち会い、事業内容や規模感、今後の展開までをしっかりヒアリングした上で、ご案内をさせていただいています。

一口に店舗付き住宅といっても、小さなサロンやちょっとしたギャラリーを持ちたいという方から、多くの方が出入りする事業所を併設されたいという方まで、実に様々です。

店舗付き住宅は、生活と密着しているため、お施主様に寄り添った設計や土地探しが必要です。設計を進行する上でも、どんなことができるのか、そこで事業行うためにはどんな準備が必要なのか、といったところは、お一人お一人、異なるからです。

 

 

また店舗付き住宅を建てるためには、自己資産や資金・年収だけでなく、今後の事業収支の考慮も必要です。融資のためには、具体的な事業計画書や収支計画書が必要な場合もありますので、しっかりとお話しをお聞きした上で、土地や設計のご提案をさせていだいています。

例えば最近では、賃貸住まいで駅前にオフィスを構えられていたお客様に、事業所を併設した住宅のご提案をさせていただきました。

この場合、移転先については、郊外に目を向けました。そうすることで比較的土地代も安く済ませることができ、さらに通勤する社員のことを考え、駐車場が広く確保できるような土地を探しました。

このようにN-BRANDは設計面だけでなく、土地探しと並行しての資金計画もしているため、ゴールまでの見極めがスムーズなのも特徴です。

 

店舗施工事例・N-BRANDが創る店舗デザイン

 

店舗展開をする上では、店のデザインを左右する、建築家との出会いも重要です。ここでは過去にN-BRANDの建築家が手がけた店舗事例もご紹介します。

 

ガルバリウム鋼板の外壁で、近未来の建物をイメージしたオフィス

 

 

お客様をもてなす商談スペースの床は、木目のデザインが美しいヘリンボーンを採用。オーナーこだわりの照明やアンティーク家具が映える設計です。

 

非日常感ある空間演出でお客様を惹きつける美容室

 

「お客様もスタッフもステイタスを感じ、自分を高めていける場所となるように」というオーナーの想いを具現化。白・黒・ゴールドの配色で重厚感を高め、非日常感のある空間を演出しています。

家づくりにしろ、店舗計画にしろ、近年ではネットなどで情報収集することが簡単になりました。中には資金計画や空間づくりへの不安を抱えたまま、向かうべき方向性が見えなくなっている方も少なくありません。

具体的に相談をすることで、はっきりとしていなかったビジョンが、見えてくることもあります。特に空間設計は、プロの知識があってこそ、間取りやデザイン、性能や構造の選択、資金計画などを進めることができます。

 

まずはぜひ一度、ご相談ください。

見学会や相談会も定期的に開催されているので、参加してみることもおすすめします。

 

<見学会・相談会>一覧ページはコチラ
https://www.nbrand.jp/event/

関連記事

PAGE TOP