個々の空間も大切にしつつ、リビングを中心に絆が生まれる家|実例紹介 | N-BRAND

個々の空間も大切にしつつ、リビングを中心に絆が生まれる家|実例紹介

こんにちは、N-BRAND(エヌブランド)建築家の名越です。

今回は施工事例のひとつ、M様邸をご紹介します。

M様が当初抱いていたキーワードである〝アルコーブのある家〟をヒントに、ヒアリングを重ねた結果生まれたのが、個人の空間を大切にしつつも、リビングを中心に家族が集まれる家。太陽光や風を活用したN-BRANDの特徴であるパッシブデザインを取り入れ、ところどころに遊び心を取り入れた住まいとなりました。

家族構成 夫妻と子ども2人、祖母

M様の祖母であるおばあちゃまとご夫妻、子どもさんのライフスタイルが異なることもあり、玄関左、土間続きのご主人の趣味部屋から、2階のシャワールーム・寝室へと繋がるハシゴを設置。こうすることで、ご主人の帰宅が遅くなっても良いよう配慮しました。さらにご主人の部屋は日曜大工など趣味部屋としても活用され、庭にすぐ出られるような設計となっています。

1階に南北に抜ける大空間を家の中心に設け、そこからキッチンやバスルーム、おばあちゃまの居室への動線も往来しやすいように配慮しました。

さらに2階へ続く階段から共有の大空間上にブリッジをかけ、2階ブリッジ周辺は子どもたちの共同の遊び場兼スタディスペースに。将来的には子どもたちが勉強に集中できる環境でありながらも、リビングを中心に家族との時間を共有できるようにしました。

また個人の空間となる子供部屋はあえて横長の空間を一つだけ設定。成長に応じて仕切って使えるよう、自由度を持たせています。

<見学会・相談会>一覧ページはコチラ

https://www.nbrand.jp/event/

関連記事

PAGE TOP